高安 重一[ 設計・デザイン /修繕・改修・テナント]

総合点 2.97

会社所在地
東京都台東区雷門2−13−13−2F
所属会社・役職
有限会社アーキテクチャー・ラボ・代表取締役
電話番号
03−3845−7320
対応地域(国外)
国内全域、アジア
メディア出演など
【メディア出演】 渡辺篤史の建もの探訪(テレビ朝日)、他 【講演実績】 サンケイリビング、OZONE、音元出版、セキスイハイム、LIXIL、などで講演

【自己紹介】

1995年より事務所を開設して、7割が住宅、集合住宅の新築、リフォームなど人の住む環境を作ってきました。残りの3割はクライアントのお仕事の関連で、医院、保育園、幼稚園、大学施設、旅館、美容室、飲食店、音楽スタジオ、競輪施設、資料館、結婚式場、葬儀場など、人が係わる多くの建築に携わる事ができました。

デザイン的な事はもちろん、温熱環境を整えて、最近では音環境を整える事で、快適な空間を作る事ができるようになってきましたので、それらの技術を活かして行きたいと考えています。

2つと同じ土地はありませんから、クライアントに合わせて最適な解答を見つけるプロセスを大切にしています。そのプロセスをクライアントと共有する事が良い空間をつくるスタートだと考えています。

高安 重一

03−3845−7320

著書

空間練習帳|彰国社

空間から建築へ。空間を楽しく学びたい人のための本。東京理科大学の建築学科(理工)で、1年生向けに長年行なわれてきた「空間デザイン演習」がベースになっている。面倒くさい図面の描き方のスキルを学ぶ前に、まずは空間の面白さを体験するためのガイドブック。建築学科に入りたての人はもちろん、高校生、中学生、小学生でも、体を動かし、手を動かして、つくることの楽しさ、空間の不思議を味わえる。

CADによる建築設計製図|彰国社

近年、設計や建設の分野でのコンピューターの利用はめざましく、なかでも設計業務において、CAD、コンピューターグラフィックスの利用が盛んになってきている。
本書は、建築設計におけるCADはどのようなものであるかを知りたい人たち、CADを使いたいと考えている人たちにとって適切な解説書となるよう三次元CADは概要を述べるだけにし、二次元CADを中心にまとめてある。

専門家情報

専門家名高安 重一
専門分野 [設計・デザイン][修繕・改修・テナント]
会社所在地東京都台東区雷門2−13−13−2F
所属会社・役職有限会社アーキテクチャー・ラボ・代表取締役
経歴1966年 千葉県旭市生まれ
東京理科大学を卒業後、東京理科大学助手を経て、建築研究室高安重一事務所を設立。
2003年〜有限会社アーキテクチャー・ラボに改組。
東京理科大学、明治大学、日本大学、日本工学院専門学校などで非常勤講師。
2014年-日本大学 助教
ホームページURLhttp://www.architecture-lab.com
対応地域(国外)国内全域、アジア
メディア出演など【メディア出演】
渡辺篤史の建もの探訪(テレビ朝日)、他

【講演実績】
サンケイリビング、OZONE、音元出版、セキスイハイム、LIXIL、などで講演

高安 重一

03−3845−7320

ご予約・お問い合せの際は「アーキブックを見た」とお伝え下さい


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。