施工高とは|建設用語集

【施工高】
「施工高」とは契約済みの建設工事における請負金額のうち、施工が完了した部分に相当する金額分を指す。出来高 完成工事高と概ね同様の意。

建設会社の主要な売上は建設工事に基づく「施工高」となる。

「施工高」と受注高繰越高手持ち工事高の関係は下記のように表せる。

【受注高、施工高、繰越高の関係】
前期繰越高+今期受注高-今期施工高=次期繰越高

【受注高、施工高、手持ち工事高の関係】
前期末手持ち工事高+今期受注高-今期施工高=今期末手持ち工事高

また「施工高」を把握できる統計データとしては国交省による「建設工事受注動態統計調査」や「建設総合統計」がある。

建設用語集TOPへ戻る

実務で役立つゼネコンの状況把握【最新版】TOPへ
業績から把握するデベロッパーランキング【最新版】TOPへ
ゼネコン大手22社の施工高ランキング

無料レポートダウンロード

詳しい解説はこちらから↓
建設市場における「受注高」「施工高」「未消化工事高」の水準は?-
「建設業者の忙しさ」に影響を与える「要因」とは?
「建設業者の忙しさ」を把握するアプローチ!
「建設業者の忙しさ」は業者の規模別に把握しよう!
「建設業者の忙しさ」を個別の業者で把握するアプローチとは?

【関連ワード】
手持ち工事高繰越高未消化工事高完成工事高施工高出来高受注高建設投資土木需要非住宅建築需要住宅建築需要建築需要建設需要

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。