ロシア侵攻が変えた世界

手持工事高とは|建設用語集

【手持ち工事高】
「手持ち工事高」とは契約済みの建設工事における請負金額のうち、未着手の工事に相当する金額分を指す。未消化工事高繰越高と概ね同様の意。

「手持ち工事高」と受注高施工高の関係は下記のように表せる。

【受注高、施工高、手持工事高の関係】
前期末手持ち工事高+今期受注高-今期施工高=今期末手持ち工事高

なお「手持ち工事高」は、その時点で抱えている工事量、つまり将来の売上となる為、単体または特定の建設市場における建設業者の工事受注意欲を測る重要な指標にもなる。

例えば、建設会社における「手持ち工事高」の水準が高い場合には、工事が豊富にあり将来的な売り上げも見通せる為、新規案件に対して無理に受注する必要がなくなる。一方で「手持ち工事高」の水準が低い場合には、抱える工事量が少なく売り上げの先行きが見えない為、新規案件の受注に対して積極的な姿勢となる。

その為、建設会社の「手持ち工事高」の水準が市場全体で高い水準にある状況で、建設市場は「売り手市場」に、また、低い水準にある状況で「買い手市場」となる。(下図参照)


建設市場における「売り手市場」と「買い手市場」の状況



上図からも読み取れるように、ゼネコンの手持ち工事高は「売り手市場」の状況で増加する一方、「買い手市場」の状況で減少する。

建設業全体や特定規模の建設業者における「手持ち工事高」を把握できる統計データとしては国交省による「建設工事受注動態統計調査」や「建設総合統計」がある。

2017年12月末時点での「手持ち工事高」は建設市場全体で約33.4兆円となり、そのうち約41%を公共の土木工事が、34%を民間の建築工事が占めてる。

建設用語集TOPへ戻る

実務で役立つゼネコンの状況把握【最新版】TOPへ
業績から把握するデベロッパーランキング【最新版】TOPへ
ゼネコン大手22社の手持ち工事高ランキング

無料レポートダウンロード

詳しい解説はこちらから↓
建設市場における「受注高」「施工高」「未消化工事高」の水準は?-
「建設業者の忙しさ」に影響を与える「要因」とは?
「建設業者の忙しさ」を把握するアプローチ!
「建設業者の忙しさ」は業者の規模別に把握しよう!
「建設業者の忙しさ」を個別の業者で把握するアプローチとは?

【関連ワード】
手持ち工事高繰越高未消化工事高完成工事高施工高出来高受注高建設投資土木需要非住宅建築需要住宅建築需要建築需要建設需要

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。