ロシア侵攻が変えた世界

建築需要とは|建設用語集

【建築需要】
「建築需要」とは「発注者による建築工事の発注意欲」を指す総称で建設需要の一部でもある。一般に「建築需要」は建物用途などによって分類されるが、大きくは住宅建築需要非住宅建築需要に分けられ、その中で「新設/修繕・更新・改修」「用途」「民間/公共」「地域別」「構造別」などの観点から分類される。

「建築需要」は着工床面積に基づいた床面積をベースに、または受注高や工事費予定額などに基づいた金額をベースにその規模を把握するのが一般的。

例えば、2020年の国内における「建築需要」は下記概要の通り。

【着工床面積ベース】
① 全体で約1億1374万㎡
② 約57%が住宅、43%が非住宅の需要
③ 約95%が民間、5%が公共の需要
④ 民間住宅で約57%、民間非住宅で約39%の需要を占める
参照|建築着工統計調査(国交省)

【工事費予定額ベース】
① 全体で約24兆3070億円
② 約53%が住宅、47%が非住宅の需要
③ 約93%が民間、7%が公共の需要
④ 民間住宅で約52%、民間非住宅で約41%の需要を占める
参照|建築着工統計調査(国交省)

実質的な工事の面積を表すこともあり「建築需要」を測る指標には着工床面積が活用される場合が多い。しかしながら、この着工床面積には修繕、更新や改修に係る工事の需要が含まれないなど、それぞれの指標で一長一短がある為、利用目的に適した指標をその都度検討して採用する必要がある。

建設用語集TOPへ戻る

無料レポートダウンロード

詳しい解説はこちらから↓
建設需要とは?
建設需要を把握する3つのアプローチとは?
「統計データ」を活用した建設需要の把握
建設需要の傾向を把握する考え方
建設需要の「影響要因」とは?

【関連ワード】
手持ち工事高繰越高未消化工事高完成工事高施工高出来高受注高建設投資土木需要非住宅建築需要住宅建築需要建築需要建設需要

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。