目標コスト契約とは|建設用語集

【目標コスト契約】
【Target Cost Contract】
「目標コスト契約」とは、建設プロジェクトにおいて工事や設計業務等を発注する際に契約上の価格や条件を取り決める契約方式の一つ。

「目標コスト契約」は実費精算契約の考え方がベースとなっていて、工事に要する実費(コスト)と受注者の報酬(フィー)から最終的な工事金額が決定される方式。

この方式の特徴としては、発注者と受注者の間で目標コストが設定され、工事に要した実費(コスト)を目標コストと比較して、下回った場合はコスト縮減分の一部が受注者へ分配される一方、超過した場合には超過分の一部または全てを受注者が負担する点が挙げられる。

また、目標コストは契約時点での図面や仕様書に基づいて発注者と受注者の両者によって設定され、設計や仕様に変更などがあった場合は両者合意の基に調整されるのが一般的。

実費精算契約では受注者が一定幅の利益を確保することが可能である契約なのに対し、「目標コスト契約」では実費(コスト)が目標コストを大きく超過した場合は、受注者で想定していた報酬(フィー)が大幅に減ってしまう可能性もリスクとしてある契約となる。

また「目標コスト契約」では、受注者が最終的な工事金額の最高限度額を保証し、その金額を超過した場合には受注者が超過分を負担する契約として GMP(最大保証金額)を設定する場合もある。

建設用語集TOPへ戻る

実務で役立つ建築費の相場【最新版】TOPへ
実務で役立つゼネコンの状況把握【最新版】TOPへ
業績から把握するデベロッパーランキング【最新版】TOPへ

CM会社の選定アドバイス

詳しい解説はこちらから↓
プロジェクトのカギを握る価格契約方式とは!?
工事発注段階のコストマネジメントとは!?

【関連ワード】
契約方式総価請負契約実費精算契約(コスト・プラス・フィー契約)目標コスト契約GMP(最大保証金額)

発注方式指名競争入札一般競争入札随意契約特命随意契約見積合わせ設計施工分離発注方式設計施工一括発注方式DB方式(デザインビルド方式)分離発注方式 ECI方式 コストオン方式ジョイントベンチャー方式総合評価方式性能発注方式二段階競争入札方式二段階競争入札方式PFI方式VE方式CM方式(コンストラクションマネジメント方式)ピュアCM方式CMアットリスク方式PM方式(プロジェクトマネジメント方式)オープンブック方式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。