スーパーゼネコン(大手5社)とは|建設用語集

【スーパーゼネコン(大手5社)】
スーパーゼネコンとはゼネコンの中で清水建設、大林組、大成建設、鹿島建設、竹中工務店の5社を表す総称。大手5社とも呼ばれる。

スーパーゼネコンの特徴はゼネコンの中でも会社規模が顕著に大きいことにある。例えば、従業員数で見た場合、スーパーゼネコン各社の従業員数(単独)は7500人から1万人程度、売上高(単独)は1兆円から1兆4000億円の水準にある

準大手ゼネコン各社における従業員数(単独)が2500人から5000人程度、売上高(単独)が3000億円から6500億円程度であることを踏まえると、スーパーゼネコンは従業員数や売上規模の観点から極めて大きな規模であることが分かる。

また、スーパーゼネコンは施工部門と併せて設計部門、技術部門、研究開発部門など、施工のみならず建設に係る幅広い部門で展開している為、各社で独自の工法・技術を開発しており、その他のゼネコンと比較して非常に高い技術力を持っている点も大きな特徴として挙げられる。

その為、例えば、建物の床面積が何十万㎡といった超大型の再開発事業、階数が50階を超えるような超高層開発案件、特殊な工法や高度な技術力を要する建設プロジェクトでは準大手ゼネコンや中堅ゼネコンでは対応が難しく、スーパーゼネコンのみ対応可能な場合もある。

さらに、準大手ゼネコンや中堅ゼネコンは、規模で分類する際の考え方や定義に基づいて対象となるゼネコンが異なる場合もあるが、スーパーゼネコン(大手5社)は何十年も変わることなく清水建設、大林組、大成建設、鹿島建設、竹中工務店の5社を表す総称として用いられていることも特徴的な点として挙げられる。

2019年度における国内ゼネコンの市場規模は出来高ベースで年間約53兆円(建設総合統計|国交省)、そしてスーパーゼネコン5社全体の売上高(単独)が約6.6兆円であることを踏まえると、スーパーゼネコンの業界シェアは約12.4%となる。国内建設業者が約47万であることを考慮すると、その割合は大きく、建設業に対する影響力の大きさが見て取れる。

なお、スーパーゼネコン全体でみた建築工事と土木工事の割合は売上高ベースでそれぞれ77%、20%と約8割が建築工事となっている(2020年3月末時点)。

スーパーゼネコン5社に関する売上高、従業員数は下記の一覧表を参照。

【スーパーゼネコン(大手5社)一覧】
単独の売上高が1兆円を超えるスーパーゼネコン5社

会社名売上高(単独)従業員数(単独)
清水建設1兆4176億円1万384人
大林組1兆4164億円9669人
大成建設1兆4095億円9680人
鹿島建設1兆3051億円9682人
竹中工務店1兆539億円8157人
スーパーゼネコン5社合計6兆6024億円4万7572人
スーパーゼネコン5社平均1兆3205億円9514人
出典|各社の有価証券報告書、決算短信に基づいて作成
注)2020年3月末時点の値

なお、スーパーゼネコン各社の2020年3月期決算における受注高、売上高、手持ち工事高、営業利益といった業績の状況や傾向の詳細については下記参照。
清水建設
大林組
大成建設
鹿島建設
竹中工務店
スーパーゼネコン5社

建設用語集TOPへ戻る

【関連ワード】
ゼネコン準大手ゼネコン中堅ゼネコン

実務で役立つゼネコンの状況把握【最新版】TOPへ

「ゼネコンランキング」はこちらから↓
受注高ランキング
売上高ランキング
繰越高ランキング
手持ち工事月数ランキング
営業利益ランキング
営業利益率ランキング
従業員数ランキング
平均年齢ランキング
平均勤続年数ランキング
平均年収ランキング
時価総額ランキング

「ゼネコン規模別の状況把握」はこちらから↓
スーパーゼネコン
準大手ゼネコン
中堅ゼネコン
準大手・中堅ゼネコン18社
ゼネコン大手23社
ゼネコン規模別の比較

「スーパーゼネコンの状況把握」はこちらから↓
清水建設
大成建設
大林組
鹿島建設
竹中工務店

「準大手ゼネコンの状況把握」はこちらから↓
五洋建設
長谷工コーポレーション
戸田建設
熊谷組
前田建設工業
西松建設
三井住友建設
安藤ハザマ
東急建設
フジタ

「中堅ゼネコンの状況把握」はこちらから↓
奥村組
鉄建建設
東洋建設
東亜建設工業
淺沼組
飛島建設
錢高組
大豊建設

「関連記事-面白いほどよくわかる建設市場-供給編」はこちらから↓
(1)色々な視点から「建設業者の忙しさ」を把握しよう!
(2)「建設業者の忙しさ」を把握する具体的なアプローチとは!
(3)「建設業者の忙しさ」は業者の規模別に把握しよう!
(4)建設業者の供給状況を見抜いて実プロジェクトに応用しよう!

「関連記事-建設統計からみた建設市場シリーズ」はこちらから↓
(1)2016年の「建築需要」と「建築費」の水準は!?
(2)建設市場における「受注高」「施工高」「手持ち工事高」の水準は!?

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。