2020年の建築需要 54年ぶりの低水準へ|統計でみる建設市場【2021年版】

【需要はリーマンショック期を下回る水準に】
2021年1月29日に国交省より公表された「建築着工統計調査」によると、2020年の全国における建築着工需要は床面積ベースで1億1374万㎡と、この54年で最も低い水準へと落ち込みました。

2020年の建築着工需要は過去54年で最も低い水準へ
一般に建築着工需要は住宅と非住宅に分類されることを踏まえて、今回は下記に示す観点より床面積ベースで具体的に紹介していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。