住宅の建築費は坪単価でどの程度の水準か?【2019年版】

【坪単価で把握する建築費2019年版】
国内に建設される建物の建築費を坪単価から把握する「坪単価で把握する建築費特集」、今回は建物用途が住宅の場合として、2018年の国内における建築費の水準について坪単価をベースに紹介していきたいと思います。

住宅の建築費は坪単価でどの程度の水準か?-坪単価で把握する建築費(1)

構造別でみた住宅の坪単価は木造で約55.9万円/坪の水準に!


まず、全国における住宅の建築費を構造別でみてみると、坪単価が最も高い水準となったのは鉄骨コンクリート造の場合で80.2(万円/坪)でした。次いで鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造がそれぞれ80.0(万円/坪)、76.7(万円/坪)の水準になりました。一方、木造の場合は、坪単価が55.9(万円/坪)とここで取り上げた4種類の構造において最も低い水準となっています。(下図1参照)


建設費水準(万円/坪)|住宅(全国)構造別


また、図1において、全構造平均の坪単価は62.9(万円/坪)と木造と鉄骨造の水準の間に位置していますが、これは、国内における住宅建築の約66%が木造として建設されていることに影響を受けている為と考えられます。(下図2参照)


住宅建築の構造別割合


都道府県別でみた住宅の坪単価は!?


①木造住宅の建築費は沖縄、長野が最も高い水準に!
木造住宅の建築費の水準を都道府県別に見てみると、最も高い水準となったのは沖縄と長野で62.5(万円/坪)、61.2(万円/坪)、でした。そして、三重、岡山、山梨がそれぞれ60.2(万円/坪)、59.8(万円/坪)、59.2(万円/坪)と続きました。また、東京都における坪単価の水準は58.4(万円/坪)と山梨に次いで6番目でした。(下図3参照)


建設費水準(万円/坪|木造 住宅


一方、坪単価が最も低い水準であったのは宮崎の50.1(万円/坪)で、次いで大阪の52.3(万円/坪)となっています。木造住宅の建築費水準は都道府県別に見た場合、概ね50.0(万円/坪)から60.0(万円/坪)の間に収まっていることも特徴として挙げられます。

②鉄筋コンクリート造住宅の坪単価は東京都が顕著に高い水準に!
鉄筋コンクリート造住宅における建築費の水準を都道府県別に見てみると、最も高い水準は東京都の102.4(万円/坪)、次いで神奈川が90.3(万円/坪)の水準となっています。東京都、神奈川以外の地域における坪単価が90.0(万円/坪)以下であることを踏まえると、東京における水準が顕著に高いことが分かります。一方、坪単価が最も低い水準となったのは奈良および北海道の57.7(万円/坪)で、次いで愛媛の60.1(万円/坪)、鹿児島の61.0(万円/坪)となっています。このように、木造住宅の場合と比較して、建築費の水準が都道府県の間で格差があることが読み取れます。(下図4参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄筋コンクリート造 住宅


③鉄骨造住宅の建築費は東京都、神奈川、静岡で高水準に!
鉄骨造住宅の建築費の水準を都道府県別に見てみると、最も高い水準は東京都の93.5(万円/坪)で、神奈川の84.7(万円/坪)、石川の79.6(万円/坪)、愛知の79.0(万円/坪)がこれに続きました。一方、坪単価が最も低い水準は山形の53.6(万円/坪)で、次いで島根の59.4(万円/坪)、宮崎の61.6(万円/坪)となっています。(下図5参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄骨造 住宅


東京都や全国における住宅建築費の傾向は!?


①木造住宅の場合における建築費の傾向は?
2011年から2018年までの東京都における木造住宅の建築費水準を見てみると、底となった2012年の57.2(万円/坪)から2018年の58.4(万円/坪)まで若干の上昇傾向にあります。しかしながら、2011年から2018年まで大きく変動することなく、概ね横ばいの傾向で推移しています。(下図6参照)


建設費水準(万円/坪)|木造住宅(東京都)


一方、全国における木造住宅の建築費水準を見てみると、2011年の52.2(万円/坪)から2018年の55.9(万円/坪)まで、年々右肩上がりで推移し、この間に建築費は約7.1%上昇しています。(下図7参照)


建設費水準(万円/坪)|木造住宅(全国)


②鉄筋コンクリート造住宅の場合における建築費の傾向は?
続いて、2011年から2018年までの東京都における鉄筋コンクリート造住宅の建築費水準を見てみると、底となった2011年の71.6(万円/坪)から2017年の106.7(万円/坪)へ約49%と大きく上昇したものの、2018年の時点では102.4(万円/坪)の水準へ4%程度下落していることが分かります。(下図8参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄筋コンクリート造 住宅(東京都)


一方、全国における鉄筋コンクリート造住宅の建築費水準を見てみると、2012年の59.7(万円/坪)から2017年の80.6(万円/坪)へ約35%と大きく上昇した後、2018年の時点では80.2(万円/坪)と僅かに下落していることが読み取れます。(下図9参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄筋コンクリート造 住宅(全国)


③鉄骨造住宅の場合における建築費の傾向は?
木造住宅や鉄筋コンクリート造住宅と同様に、東京都における鉄骨造住宅の建築費水準を見てみると、2011年の76.6(万円/坪)を底として、2018年の93.5(万円/坪)まで約22%上昇していることが読み取れます。(下図10参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄骨造 住宅(東京都)


また、全国における鉄骨造住宅の建築費水準を見てみると、東京都の場合と同様に2011年を底として2018年の76.7(万円/坪)まで継続的に上昇し、この間に約18%上昇していることが分かります。(下図11参照)


建設費水準(万円/坪)|鉄骨造 住宅(全国)


このように、住宅の場合における建築費の傾向は、木造では大きく変動していない一方、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の場合では変動が大きいことが分かります。また、東京と全国における2018年の水準は、木造や鉄骨造が2017年より引き続き上昇傾向にあるのに対して、鉄筋コンクリート造の場合では下落傾向にあることも分かりました。

以上のように、今回は「坪単価で把握する建築費」シリーズとして、建物用途が住宅の場合における建築費の水準について坪単価をベースに紹介しました。

また、今回のコラムで紹介しました統計データを活用して建築費の水準を把握する方法は、全国や都市別といった大きな市場における「建築費」について、その水準やトレンドを掴む方法としては適している一方、個別性の強いプロジェクトや高い精度を求める場合にはあまり向いていない方法であることについても触れておきます。

その為、こちらの「建築費」の水準や傾向を把握するアプローチに関するコラムを参考に、目的に適ったアプローチで「建築費」の水準や傾向を把握することが重要となります。

注)坪単価を算出する際に対象としたデータについて、建物数が10棟未満の場合については、ばらつきを考慮して対象から抜いている。

実務で役立つ建築費の相場【2019年版】TOPへ
職選びで役に立つ建設業の年収相場【2019年版】TOPへ
購入の検討に役立つ住宅価格の相場【2018年版】TOPへ

過去データを見る|実務で役立つ建築費の相場【2018年版】TOPへ

無料レポートダウンロード

「坪単価で把握する建築費」はこちらから↓
戸建て住宅の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
賃貸アパートの建築費は坪単価でどの程度の水準か?
シェアハウスの建築費は坪単価でどの程度の水準か?
マンションの建築費は坪単価でどの程度の水準か?
住宅の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
事務所の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
工場の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
倉庫の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
商業店舗の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
ホテルの建築費は坪単価でどの程度の水準か?
病院の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
福祉介護施設の建築費は坪単価でどの程度の水準か?
学校の建築費は坪単価でどの程度の水準か?

「関連記事-面白いほどよくわかる建設市場-需要編」はこちらから↓
(1)主力とするターゲットや商品開発を建設需要から導こう!
(2)知りたい情報に辿り着ける3つのアプローチ!
(3)簡単に無料で手に入る「統計データ」を積極的に活用しよう!
(4)需要の傾向を読み解いて市場の先行きを考えよう!
(5)「影響要因」を把握して説得力のある需要予測を導き出そう!

「関連記事-面白いほどよくわかる建設市場-供給編」はこちらから↓
(1)色々な視点から「建設業者の忙しさ」を把握しよう!
(2)「建設業者の忙しさ」を把握する具体的なアプローチとは!
(3)「建設業者の忙しさ」は業者の規模別に把握しよう!
(4)建設業者の供給状況を見抜いて実プロジェクトに応用しよう!

「関連記事-面白いほどよくわかる建設市場-価格編」はこちらから↓
(1)「建築費」とは!?と聞かれたら!
(2)「建築費」ってどうやって算出されるの!?
(3)実務で使われる「概算」の方法とは!?
(4)「建築費」に影響を与える要因とは!?
(5)「建築費」の水準や傾向を把握するアプローチとは!?

「関連記事-面白いほどよくわかる建設市場-建設市場予測編」はこちらから↓
(1)「建設市場」は「予想」でなく「予測」しよう!
(2)建築費が高騰/下落する仕組みとは!?
(3)建築費がいつ頃下落するか予測しよう!

「関連記事-海外建設市場シリーズ」はこちらから↓
(1)世界62か国で建設費が最も高い水準なのは!?
(2)世界の建設市場における労務費を比べてみる!
(3)世界における建設市場規模はどの程度か!?

「関連記事-建設統計からみた建設市場シリーズ」はこちらから↓
(1)2016年の「建築需要」と「建築費」の水準は!?
(2)建設市場における「受注高」「施工高」「未消化工事高」の水準は!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの質問


提供サービス

コラムカテゴリ

カテゴリー

専門家の種類

建物用途

資格

課題解決

サイトニュース

2016.7.19
「アーキブック」をリリースしました。